大阪で「IJUの心配事、鳥取暮らしと仕事」を開催しました。(平成30年1月21日)

イベントの様子 ハローライフの写真

大阪府大阪市西区靱本町にある「ハローライフ3階」にて、移住&企業交流会『IJUの心配事、鳥取暮らしと仕事』を開催しました!関西圏に在住されていて、鳥取への移住を検討されている方や、鳥取での企業や暮らしに関心のある11名にご参加いただきました。
イベントには、鳥取市に移住・企業をして活躍されている先輩起業家4名を招き、移住企業をされた際に感じた、鳥取で暮らし企業することのメリット・デメリットをお話していただきました。

【『~らしく』を実現する企業を起業。京都出身、東京から移住した株式会社LASSIC取締役原田さん】

株式会社LASSIC取締役原田さん

株式会社LASSIC取締役の原田文恵さんは、旦那さんが鳥取出身ということで東京から移住されました。事情により旦那さんより一足先に鳥取に行くことに。そして移住して1ヵ月も立たないうちに株式会社LASSICを設立されました。知人も友人もいない段階で会社を立ち上げたため、始めは仕事をとることが大変だったとお話されました。

株式会社LASSIC取締役原田さん

株式会社LASSICは、ITを活用した地方創生に関する事業に取り組んでおり、「人の”~らしく“を実現する」ことを企業理念として掲げています。
株式会社LASSICはスタッフの採用仕様もさまざまとなっており、中には『夏の2ヶ月間はカヌーのインストラクターをするため会社に来ない』といったスタッフもいるとのことでした。国も推し進めている働き方改革を取り入れ、その人“らしく”鳥取暮らしが満喫できる働き方を実現している企業でした。

【『空気感を変えるものを創りたい』Neo Anticos代表 田村さん】

田村さんは鳥取のご出身ですが、大学進学をきっかけに京都へ。その後フリーターをしながら自由な生活をおくっていたとのことでした。しかし、結婚を機に鳥取へUターン。ご実家の仕事を手伝いながら、古材や廃材を活かした空間デザインの仕事にたどりついたそうです。

Neo Anticos代表田村さん

田村さんにとっては、古民家を壊した廃材や家具などが宝に見え、それらをリバイバル(復活)させることによって“思い出を残す”“エコ”“”自分の仕入れ抑制“という3つのWINを実現・確立させたとのことでした。

Neo Anticos代表田村さん

【大阪から鳥取へ。鳥取に来た時の印象は「空がとても広い」THE HINOKI代表 檜さん】

THE HINOKI代表檜さん

鳥取で自身のアパレルブランドを立ち上げられた、檜さんは大阪のご出身。結婚を機に奥さんの故郷である鳥取市に大阪からIターンされました。もともと大阪でパタンナーなどのお仕事をされていたそうで、自身のブランドを立ち上げ、デザイン・製造・販売を鳥取で行っています。鳥取に来たときの印象は「建物が低いので空がとても広い」と感じたようです。鳥取で事業をするにあたり、「デザインしたものを形にしてくれる業者をタウンページで調べて、片っ端から電話をして探した」といった苦労話しを交えながら経験をお話してくださいました。今は車で30分~1時間の圏内に縫製業者がありすぐに行くことができるとのことで、車1台あれば短時間で取引先と顔を合わせながら打ち合わせができるので暮らしやすいと述べられていました。
講師のみなさんのお話しを聞いた後は、講師と参加者らは2つのテーブルに分かれ、後援いただいた日本政策金融公庫鳥取支店の小野寺仁史事業統括や鳥取市の企業担当者と一緒に鳥取暮らしの魅力や参加者の人生観などについて語り合い楽しく交流をされていました。

イベントの様子 イベントの様子

開催内容

『2017年版 住みたい田舎ベストランキング』で総合1位になった鳥取市。

年間2000人が県内に移住する移住大国です。そんな鳥取に移住&起業して活躍されている先輩や支援機関の担当者とリアルな情報を交換できるイベントです。

田舎での起業に興味のある方、将来、地方への移住を考えている方、鳥取に興味がある方に特にオススメです。お気軽にご参加ください!

開催概要

名称

IJUの心配事、鳥取暮らしと仕事

開催日時

平成30年1月21日(日) 
14:00~16:30(13:30開場)

開催場所

ハローライフ 3F
大阪市西区靭本町1-16-14
(地下鉄四つ橋線「本町駅」28番出口から約400m)

参加費

無料

ゲスト

  • 講師
    1. ㈱LASSIC 
      取締役 原田 文恵さん
    2. NeoAnticos 
      代表 田村 篤史さん
    3. THE HINOKI 
      代表 檜 宗憲さん
  • ファシリテーター
    1. NPO法人学生人材バンク 
      代表理事 中川玄洋さん

Map


タイムスケジュール

13:30
開場

14:00~15:00
ゲストによる移住・創業体験談・ディスカッション

15:00~16:30
ゲストと参加者での意見交換・交流会

移住先輩者

原田文恵1
原田文恵2

原田 文恵

京都府出身 株式会社LASSIC 取締役

大学卒業後、独立系ソフトウェア開発会社に入社。東京・大阪・名古屋でプログラマ、SE、セールス等を経験。

2006年夫の地元である鳥取へ移住し、(株)LASSIC創業。移住後、森の癒しの力に魅せられ、智頭町森林セラピー森のガイドとしても活動している。9歳と5歳の二児の母でもある。


田村篤史1
田村篤史2

田村 篤史

鳥取県出身 NeoAnticos 代表

大学進学を機に京都に移住。大学在学中からバンド活動を始め、各地をツアーで回る日々を過ごす。

2010年、結婚を機に故郷の鳥取へUターン。

2013年、ジャンクガーデンとインテリアのオンラインショップ「NeoAnticos(ネオアンティコス)」を立ち上げる。翌年にはオリジナル商品を作り始め、現在はインテリアのデザインと店舗改装などの空間作りも行なっている。


檜宗憲1
檜宗憲2

檜 宗憲

大阪府出身 THE HINOKI 代表

アパレルブランドにて勤務後、鳥取市に移住。2015年 THE HINOKIとして活動開始。

有機的な衣服とそれに基づく表現活動をコンセプトに、オーガニックコットン・リネン・ウールなどの天然素材・染料を使用した衣服を制作。それらの多くは活動拠点に近い地域でつくられ、自然、コミュニティと共生し調和する


ファシリテーター

中川玄洋
講演の様子

中川玄洋

静岡県出身 NPO法人学生人材バンク 代表理事

大学進学をきっかけに鳥取へ。地域と学生との接点をつくる学生組織を立ち上げ、その後法人化。

県内農村地域への大学生ボランティア派遣を中心に人的支援、地域プロジェクトの立ち上げなど精力的に行っている。地域課題を解決する100の中小企業・NPOに選定される(中小企業庁)


< トップページへ戻る
お問い合わせ先

鳥取商工会議所 経営支援二課
〒680-8566 鳥取市本町3-201
TEL 0857-32-8005
MAIL furusato-tottori@acousticd.com