ふるさととっとり移住創業セミナーふるさととっとり移住創業セミナー

東京で「鳥取移住起業ナイト|IJUの心配事、鳥取暮らしと仕事」を開催しました(平成29年12月15日)

東京都江東区清澄白河にあるリトルトーキョーの「しごとバー」にて、移住&企業交流会『鳥取移住起業ナイト』を開催しました!現在首都圏に在住され鳥取への移住を考えている方や、鳥取での起業を検討されている方が参加されていました。

鳥取に移住して元気に活躍されている起業家2名を招き、「鳥取で起業・生活することはどういうことなのか?」というテーマで、実経験を基にお話してもらいました。お酒に片手に時には談笑を交えながら意見交換を行い終始フランクな雰囲気でした。

「地域のコミュニティに参加することで、馴染んでいくことができる」埼玉県から移住したはやし接骨院院長林さん

柔道整復師は埼玉には何百人もいるのに、鳥取だと少なくて、業界に所属すると役がほぼ強制であることに驚かれたそうです。

しかし、役員などをしていることで、口コミで顧客を獲得することに成功。さらに異業種交流会などにも積極的に参加することで、おのずとネットワークが広がったと、お話くださいました。

『移住先の地域にどのように溶け込んでいくか』、といった悩みや疑問をもたれている方にとってヒントとなる内容でした。

「仕入れは大変だけど、仕事も生活も苦を感じることはない」ねじまき鳥靴工房代表の松本豪平さん

元々お父さんが鳥取出身でたまに鳥取にいき、交流の下地があったそうです。しかし移住後、消防団に入り40・50代が若手であるということを始め、入団して間もないというのに様々なことを任されて驚いたとのこと。

事業に関しては、県内外からの注文を受けており、着々と広がりを感じられているとおっしゃっていました。しかし、仕入れに関しては少々大変に思う部分がある、とリアルな感想も述べられていました。

フリートークでは『移住しやすい人や、逆に大変な人はどういった人か?』といった質問を受けるシーンもあり、移住しやすい人の特徴は、『町内会に入っていける人』で、逆に『引っ込み思案な人は難しい』と、積極的に地域に入っていこうとする姿勢の大切さを述べられていました。

今回ファシリテーターで参加された中川さんと林さんは、同じ町内でさらにPTAをされているという例から、鳥取はとても人同士の距離が近いということ、ちょっとした催し物から町内会などといった活動に携わることで、おのずと輪が広がり仕事だけでなくプライベートにも好影響をあたえてくれるという事もお話しされていました。

イベント後も、個々で交流を深めていたようで、セミナーをきっかけに交流が生まれていて嬉しかったです。

開催内容

『2017年版 住みたい田舎ベストランキング』で総合1位になった鳥取市。

年間2000人が県内に移住する移住大国です。そんな鳥取に移住&起業して活躍されている先輩や支援機関の担当者とリアルな情報を交換できるイベントです。

田舎での起業に興味のある方、将来、地方への移住を考えている方、鳥取に興味がある方に特にオススメです。お気軽にご参加ください!

開催概要

名称

しごとバー
「鳥取移住起業ナイト」
IJUの心配事、鳥取暮らしと仕事

開催日時

平成29年12月15日(金) 
20:00~22:00(19:30開場)

開催場所

リトルトーキョー
東京都江東区三好1-7-14
(清澄白河駅A3出口から徒歩3分)

参加費

無料
※ワンドリンク制の為ドリンク代は自己負担

ゲスト

  • 講師
    1. はやし接骨院 
      院長 林 貴之さん
    2. ねじまき鳥靴工房 
      代表 松本 豪平さん
  • ファシリテーター
    1. NPO法人学生人材バンク 
      代表理事 中川玄洋さん

Map


タイムスケジュール

19:30
開場

20:00~20:40
ゲストによる移住・創業体験談・ディスカッション

20:40~22:00
ゲストと参加者での意見交換・交流会

移住先輩者

林貴之

林 貴之

埼玉県出身 はやし接骨院 院長

幼少の頃より治療家を目指し、大学に通いながら18歳で治療に従事。リハビリにも携わり埼玉にて、整骨院及び機能訓練センターの総院長として乳幼児から齢3桁まで多くの患者さんとし接し活躍してきた。

2013年、家族で鳥取をへ移住し、はやし接骨院をオープン。歩き方講師として講座を行うなど、健康に元気に過ごせる社会の手助け人として、地域の治療に邁進する日々を送っている。


松本豪平1
松本豪平2

松本 豪平

東京都出身 ねじまき鳥靴工房 代表

東京の会社を退職後、靴の世界へ。結婚を機に父の故郷である鳥取に移住。

2009年にオーダーメイドシューズを中心としたブランド、ねじまき鳥靴工房を立ち上げる。最近は靴の他に製靴で得た技術を活かして革小物も展開し、それなりに忙しい日々を送っている。

現在一児の父。


ファシリテーター

中川玄洋
講演の様子

中川玄洋

静岡県出身 NPO法人学生人材バンク 代表理事

大学進学をきっかけに鳥取へ。地域と学生との接点をつくる学生組織を立ち上げ、その後法人化。

県内農村地域への大学生ボランティア派遣を中心に人的支援、地域プロジェクトの立ち上げなど精力的に行っている。地域課題を解決する100の中小企業・NPOに選定される(中小企業庁)


< トップページへ戻る
お問い合わせ先

鳥取商工会議所 経営支援二課
〒680-8566 鳥取市本町3-201
TEL 0857-32-8005
MAIL furusato-tottori@acousticd.com