home > 参加してみた(毎年のイベント) > この記事

鹿野町「鳥の演劇祭」の迫力が凄かった

IMGP9926.jpg

鹿野町でやってる「鳥の演劇祭」に行ってきました!演劇ってあんまり馴染みがなくて、学校の学芸会と、テレビでうつる舞台のシーンなんかを思い浮かべます。久しぶりにみたけど、鳥の演劇祭おもしろかった!

ふらっと立ち寄って楽しめるイベントから本格的なものまで。見てる人も多いし、町が一体で動いていて迫力あったよ。

町のガイドを演劇でする発想が斬新でおもしろい

鳥の劇場グラウンド

観たのは「チドリの夢」昔の鹿野の町並みや人々の暮らしの風景を俳優さんが劇をしながら説明してくれるもの。

昭和28年を舞台にした鹿野町

昭和28年の鹿野町の話

鳥の劇場チドリの夢

俳優さんは、白シャツのももひき姿とかで、当時の服装、口調で語っていました。俳優さんの声量ってすごいね。上の写真のように見ている人の間近で演じているから迫力満点だ。小さな子どもは突然の声にビックリして怖がるくらいだった(笑)

チドリの夢 たくさんの参加者

ツアー参加者が多かった。若い女性客も結構いたよ!

鹿野町町歩き

鹿野町の城下町をゆっくりと歩きました。時には川を挟んだところに俳優さんが待機

鹿野町の川

鹿野町の川2

こんな狭いところも!探検みたいで楽しい。

ため池の話

ため池の話が面白かった。ちょっとコミカルな話があって笑える。

映画館の説明

映画館の説明も。昭和28年では1人8円だったそうな。

鹿野町のお店

鹿野町のお店2

通りすがりあったお店。手作りの看板が味わい深し。

戦前の建物は今とは全然違うわけで。異質なものはおもしろい

鹿野町城下町の町並み

鹿野町の街の様子

鳥取鹿野町の城下町の様子

鹿野町には当時の建物がまだ現存しているところが結構あって、今の建物とは全然違うつくりなんだよね。城下町の風情がいい感じ。排水溝も掃除されてて透明な水が涼しげだった。

町の紹介を劇で表現するという試みは意外性が盛りだくさん。俳優さんのアドリブがいい味だしていて、話しかけられることもw 演じている人は遠くても5m、近いときは目の前で繰り広げられる。迫力がすごくて、大きな声と身振り手振りに引き込まれた。劇ってすごいね。

鳥の演劇祭は、毎年行われて今年で6回目。イベントの日程は下記のホームページや市町村役場にあるチラシで告知されてます。子供連れ、友達、カップルで劇を楽しむのも一興かと。来年も行ってみたいと思いました。

鳥の劇場の駐車場

鳥の劇場の駐車場

鳥の劇場の駐車場2

鳥の劇場は廃校を利用していてグランドが駐車場代わり。結構な台数が止められる。途中の道が狭いし入り組んでるからカーナビがない車は地図を用意しておくといいかも。

鹿野町 鳥の劇場

〒689-0405 鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1812−1 0857-84-3268